忍者ブログ

相続税について

相続税について

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遺言執行者について

遺言により遺言執行者が指定されている場合または指定の委託がある場合は、遺言執行者が就職し、直ちに任務を開始する(1006条・1007条)。子の認知・相続人の廃除およびその取り消しを除き、遺言執行者がなくても相続人が遺言の内容を実現することが可能であるが、手続を円滑に進めるためには、遺言執行者を指定しておく方がよい。

遺言執行者は、未成年者及破産者以外であれば相続人でも成れ(1009条)、いないときは、家庭裁判所は利害関係人の請求によって、遺言執行者を選任することができ(1010条)、遺言に定めた報酬または家庭裁判所の定める報酬を受ける(1018条)。

遺言執行者は相続人の代理人とみなされ(1015条)、やむを得ない事由がなければ、第三者にその任務を行わせることができない(1016条)。 遺言執行者が数人いる場合には、その任務の執行は、原則として過半数で決するが、単独でも保存行為は、することができる。(1017条)。

不動産の登記について、遺贈の場合は遺言執行者が登記義務者となるが、「相続させる」遺言の場合は前述の判例により、相続開始時に承継されたとみなされ、相続人が単独で登記することができるため遺言執行者は関与しない。

遺言の執行は業務として法令で規定されているのは弁護士と司法書士である。また、信託銀行でも遺言信託と称して遺言執行サービスを提供している。なお、行政書士は業務として行っているものもいるが法令上行政書士の業務とされているわけではなく、一般人として受けているに過ぎない。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E8%A8%80
より
PR

相続税の対象となる財産の範囲

相続税の対象となる財産の範囲は以下のとおりである。最新情報は国税庁を参照されたい。

動産
不動産(土地や建築物など)
無体財産権(特許権)
債権
現金
預貯金
有価証券(株式、国債、投資信託など)
ゴルフ会員権、リゾートクラブ会員権
自動車、家財、書画骨董など
その他金銭的価値を有するもの全て
生命保険金等
死亡退職金等
生命保険契約に関する権利
相続開始前3年以内に、被相続人から暦年課税にかかる贈与を受けた財産
生前に、被相続人から相続時精算課税にかかる贈与を受けた財産

カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

  • 相続
  • 相続分
  • 相続手続き
  • 相続の開始
  • 相続
  • 相続について
  • 相続
  • 相続における財産
  • 相続について
  • 相続について
  • 相続税.com
  • 相続大百科
  • 相続にまつわるエトセトラ
  • 遺産相続の方法
  • 遺産相続
  • 遺言 相互リンク


    • SEOブログパーツ


    PVランキング

    ページランク-ナビ

    by
 sougolink.com

    ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

    最新コメント

    プロフィール

    HN:
    No Name Ninja
    性別:
    非公開

    バーコード

    ブログ内検索

    アーカイブ

    P R